東京、埼玉、千葉の店舗、ビル、マンションの解体工事は、株式会社トーシンへ!

トーシン

お気軽にお問い合わせください

メールでのお問い合わせ

home

解体工事の流れ

店舗向け解体

リノベーションマンション解体

スタッフ紹介

求人案内

会社案内

 

解体工事の流れ

1.現場調査

まず、現地調査をします。現地調査をすることで、適正な費用を算出することが可能になります。

現地調査の内容は、主に以下のとおりです。

・建物の延床面積

・建物の構造

・乗り入れ可能なトラック

・外構、植栽の有無、規模

・養生シートの種類、面積 など

お立会の上、建物内部を見せていただけると、より適正な費用を算出することができます。

現場調査

2.見積書作成

現地調査に基づき、見積書を作成し、ご提示することになります。

現地の調査・現状ヒアリング

3.近隣挨拶

実際に解体工事が始まると、近隣の皆様にはご迷惑をお掛けすることになるので

近隣の皆様にご挨拶・説明をし、ご納得をしていただいた上で工事を行えるようにします。

お見積りの提出・注意事項の説明

4.引込配管、配線の撤去の手配

ガス、電気などがつながったまま工事を行うと大変危険ですので、

ガス、電気、上下水道、電話の引込配管、配線の撤去の手配をいたします。 

手配後、専門の業者により、撤去を行います。

ご契約

5.足場養生の組立

解体工事は、高所での作業が伴うため、まず、足場養生の組立を行います。

通常、木造では丸太を、その他の構造においては単管足場を使用します。

その際、シートや防音シートをかけ、騒音やホコリの排出を最小限に食い止めます。

工事開始

6.工作物等の撤去

建物本体から取り外すことのできるものを撤去します。

除去するものは、窓ガラス・ドア・住宅設備・ゴミ等になります。

解体工事完了・現場確認

7.建物本体の解体

壁、屋根、梁、柱などが残った上屋を解体し、基礎を掘り起こし、撤去していきます。

ここで、ほこりが飛ばないように、水をまきながら作業をします。

8. 処分場受け入れ

産業廃棄物の処分場に分別した廃材を受け入れていただきます。

木材は、チップ、燃料などにリサイクルされます。コンクリートガラは、セメントや埋立などに使われます。

9.地中障害物の確認

解体終了後、新しく家などを建てるときに最も問題になるのは、いざ家を建てるときに廃材が中に残っていたり、

その下にコンクリートが入っていて、またその部分を除去しなければいけないことです。

このようなことにならないために、

弊社では解体後、もう一度、重機で地面を掘り、地中障害物がないかどうか確認をします。

10.整地

重機で地面を平らにします。

また、さらに見栄えをよくするために、玉砂利などを敷くこともあります。

11.工事完了

 

解体工事完了後の現場確認をして頂き工事完了となります。

お問い合わせフォームへ

求人募集

株式会社トーシン

会社案内

解体工事の流れ

料金表

採用情報

施工実績

サービス対応エリア

トーシン株式会社

家屋解体

内装解体

家屋解体

鉄骨・RC解体

土木工事業

産業廃棄物

トーシン株式会社

トーシン株式会社

●本社:〒178-0065
東京都練馬区西大泉6-14-5

●埼玉営業所:〒352-0011
埼玉県新座市野火止2-4-54

●工場:〒352-0011
埼玉県新座市野火止2-2-5